絶対に避妊したいならピルを使うべし

避妊効果のないピルと女性軽視問題について

ピルとは、主に避妊に用いられる内服して使用する女性ホルモン剤です。1960年代にアメリカで開発されて広く普及している薬です。
女性の生殖機能を司る卵胞ホルモンと黄体ホルモンの二つが含まれており、排卵を抑制して、子宮頚管粘液の性状を変化さえて精子が子宮内に侵入するのを防ぎ、子宮内膜の変化をさせることで受精卵の着床をさせないことによって妊娠を防ぎます。ピルは避妊以外にも生理周期の変更や月経困難症の緩和、子宮内膜症の治療などに使われてきたのです。
体の内側から避妊できるようになるため、破れたりしてしまう危険性のあるコンドームは避妊効果のないとはいいませんが、それよりもずっと避妊率は高くなります。
ピルは開発当初は宗教的や倫理的な女性軽視によって忌避されてきましたが、現在では成分を改良することで低用量で確実な避妊ができるようになっていますが、現在でも女性軽視の観点から嫌がる人も多いという問題があります。避妊効果のない方法はいくらでもありますが、確実に避妊をすることができるようになるのがピルになります。
しかし、月経の改善を目的に使用される超低用量ピルもあり、これは避妊効果のないピルとされています。正確には正しく服用していれば避妊効果はありますが、毎日厳格に誤差を少なくして飲み忘れしないようにしなくてはならないという不便なものになります。避妊を目的にした服用の場合には、きちんと処方された低用量のピルを飲むことをおすすめします。
女性軽視の観点から飲むのを嫌がる男性も居ますが、この経口避妊薬はがんを予防する効果を期待できる、卵巣の機能が改善する、生理痛などが改善され周期が安定するなどのメリットが多くあるのです。