絶対に避妊したいならピルを使うべし

ピルは必ず婦人科で処方してもらおう

世界の先進国では、ピルと共に性特有の病気や症状に対して理解を示す人が多く、女性のライフスタイルを確立する手助けとなっています。一方、日本でのピルの認知度は欧米諸国に比べるとまだまだ低く、使ってみたいけど何となく敷居が高くて手が出せない、という人も多いのではないでしょうか。しかし、この薬を服用するメリットはたくさんあります。例えば、生理痛が酷くて立ち上がる事が出来ない月経困難症や、PMS(月経前症候群)と呼ばれる生理前のイライラや肌トラブル、身体の不調などにも効果があります。つまり、生理の時期の心身共に憂鬱な状態を緩和する事が出来るのです。

ピルは必ず婦人科で処方してもらいましょう。都市部に住んでいて病院やクリニックの選択肢に幅がある人は、出来れば産婦人科ではなく、婦人科で貰う事をおすすめします。産婦人科でもピルは処方してもらえますが、産科への受診を目的として来院する妊婦さんなどが多く、たとえ予約していても時間が大幅に遅れてしまう事もあります。また、産科の場合は月経困難症やPMSについてのカウンセリングを行ってくれない場合もあり、比較的予約の取りやすい婦人科の方が丁寧に対応してもらいやすいのです。

実を言えば、近年は通販でもピルが購入出来ます。中には海外でしかまだ手に入らない超低用量ピルもあり、これらは女性ホルモンの量が少なく、より副作用が起きにくくなっています。しかし、ピルを服用する際は半年に一度、血液検査が義務付けられており、やはり婦人科を受診する事をおすすめします。ピルにも副作用があり、その副作用のうち最も怖いのが血栓症のリスクが高くなる恐れがあります。これを回避する為に検査が必要というわけです。