絶対に避妊したいならピルを使うべし

ピルの飲む間隔を間違えて避妊に失敗することも

低用量のピルは避妊に使えるので有名ですが飲む間隔を間違えてしまうと避妊に失敗することもあります。
通常低用量ピルは28日周期で飲むものです。一日一錠飲み、それを28日間続けます。大体は28錠が一つのシートになっており何日目にどれを飲むのかが分かるようなパッケージになっています。
1つのシートを終えれば今度はまた新たに28錠のシートを飲みはじめるのです。
これなら通常ピルを飲んで避妊に失敗する事は有りません。
しかし21錠タイプのものですとしっかりと飲むスケジュール管理をしなければ飲む間隔を間違えてしまい、避妊に失敗することもあります。
21錠タイプの場合は21日飲んでそのあと7日間薬を飲まない日を過ごします。そしてまた21日間飲むのですがつい7日を過ぎてもピルを再開せず忘れることがあるのです。
28日タイプの場合は薬を飲まない7日間も効果のない偽薬がついているため毎日薬を飲む習慣を身に着けていれば飲む間隔を間違える事は有りません。
しかしついうっかり飲むのを忘れた場合にはどうすればいいのでしょうか。もしも偽薬を飲むの忘れた場合には飲まなくてもいいのですが、ピルの場合は一日忘れた場合には次の日に二錠飲まなければいけません。
二日以上忘れた場合には一度生理が来るまでピルをやめ、また再開することになります。
飲む間隔を間違えてしまわないようにカレンダーなどにスケジュールを書いておきましょう。
また自分の携帯電話などにアラームをセットしておき、飲む時間になると鳴るようにするといいでしょう。
これで失敗する事は有りません。
飲み忘れは完全に自己責任ですので自分できちんと管理きる方が低用量ピルを飲むといいでしょう。