絶対に避妊したいならピルを使うべし

何故ピルは避妊効果が高いのか?

ピルは、飲み忘れさえ無ければ非常に高い避妊効果を持っています。
これは体調を整えるだけではなく、体の中で様々な効果を持つホルモンを調整し、体を妊娠できない状態にしているのです。
ピルが効果的なのは、ホルモンのバランスを調整してくれるということにあります。
ピルに含まれているホルモンは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンというものがあります。これがホルモン分泌を司る下垂体に作用して、卵巣刺激ホルモンと黄体形成ホルモンの分泌を抑制してくれるのです。卵巣刺激ホルモンとは卵巣を刺激して卵子を排出するホルモンで、これが刺激されなければ卵子は排出されません。また、黄体形成ホルモンもまた排卵を促すホルモンですが、このような排卵を促すホルモンがなければ、排卵はしないものです。これにより卵子がたくさんある卵巣や卵子になる卵胞を刺激することなく、排卵もされません。
排卵がなされなければ、妊娠のしようがありません。このようにして、ピルは妊娠しにくい体を作ってくれるのです。
また、ピルの中には受精卵が育つ子宮内膜を厚くしないようにする作用を持つものや、受精卵が着床しにくい状態にするものもあります。
また、子宮頸管粘液に変化を起こして、精子を子宮内に入れないというような効果を持つものもあります。このため、仮に妊娠しても受精卵が育ちにくくしたり、精子を体内に侵入させにくくすることにより、ますます高い避妊効果をもたらすものもあります。
とはいえ、ピルを飲むと100パーセント避妊できるとは限りません。また、飲むのを一時的にやめるとその間に妊娠することもありますので、気をつけておきましょう。

避妊以外のピルの効果とは

ピルは避妊の他にも色々な効果があります。
例えば温泉旅行に行くときに生理になるとせっかくの旅行に温泉に入れなくなりますが、ピルを飲むことにより生理の日をずらすことができるのです。
他にも生理不順もピルによって解消できます。
ピルは基本28日スパンで飲む薬なのですが、これにより生理のスパンも28日になるので次の生理がいつ来るのか予測しやすくなり予定も立てやすくなるのです。
あと生理前にありがちがちな症状を改善することもできます。
例えばニキビができやすくなる方でした美肌になれるのです。
ピルは女性ホルモンが含まれていますが、元々ホルモンのバランスが悪くなり女性ホルモンが少なくなってニキビができている方には効果が出やすくなります。
他にも子宮内膜所などにより生理が痛い方にも効果的です。
また、月経前緊張症という症状が人によって出る事があります。
頭が痛くなったり吐き気はめまいなどが起こる症状なのですがこれもピルによって改善できるのです。
色々な女性の悩みを解消してくれるため今では避妊以外の目的で利用する方も多くなっています。
しかし効果を体感するためには必ず毎日きっちりと薬を飲まなければいけません。
もしも偽薬を飲み忘れた場合には次の日の分をただ飲めばいいだけですが、二日以上忘れた場合には次の生理が来るまで待ってからまた一からやり直してください。
ピルにも多少副作用がありますが、喫煙している方はより出やすくなりますのでもしピルを飲みたいのでしたら禁煙するようにしましょう。
ただの避妊薬と思ったら大間違いです。色々な効能を知って医師に相談をし処方してもらってください。
女性特有の悩みを持っている方もこれで生活も快適になるはずです。

楽しい旅行をしたいならピルを服用

生理と旅行に日程が重なる場合には、ピルを利用すれば生理をずらすことができます。短期の服用の場合には、中用量ピルを使用します
生理を早める場合には、生理開始後7日目までの間にピルを飲み始め、7~10日分服用して中断します。できれば10日間の服用が理想的です。中断後、3~4日すると生理が始まりますので、開始日と服用日数は旅行の予定に合わせて調整します。旅行の間は飲まなくてよいので、吐き気などの副作用の心配がありません。
生理を遅らせる場合には、生理予定日の5日前から服用を始め、旅行最終日の前日まで飲み続けます。終了後、3~4日で生理が始まります。服用中は、身体に合わないと吐き気や頭痛などの症状が現れることもあり、飲み忘れると出血する可能性もありますので、なるべく早める方がよいでしょう。
生理は、調整した後の生理から元の周期に戻ります。
日程に余裕があれば、低用量ピルで調整することもできます。この場合、月経初日から飲み始めます。
生理を早める場合には、少なくとも14日間服用して中止し、生理を開始させます。遅らせる場合には、旅行最終日の前日まで服用して中止します。低用量ピルの方が、含まれるホルモンの量が少ないため、吐き気などはほとんどありません。
妊娠の予定がない場合には、普段から低用量ピルを服用しておくと、確実に避妊できるだけでなく、生理の移動も簡単に行えて、生理痛が改善され、出血量が減るなどメリットも多いのでおすすめです。
生理の移動は、婦人科を受診してピルを処方してもらいます。薬の種類は体質なども考慮されますので、十分相談してください。
ピルを服用するときの注意点は、1日1錠をなるべく同じ時間帯に忘れず飲むことです。